本サイトはプロモーション広告を含みます

凧の数え方がわからなくて困っている方へ!凧についての基本的な情報を分かりやすくご紹介!

冬の気にコレ!

凧の数え方って、意外と知らないことが多いですよね。

凧は風に乗って空高く舞い上がる、日本の伝統的な遊び道具で、老若男女問わず楽しめます。

凧の数え方まとめ

凧の数え方には、〇枚、〇張、〇個、〇連などがある

凧の種類まとめ

日本の凧には、角凧、スポーツカイト、バイオデザインカイト、ゲリラカイト、軟体凧、連凧などがある

今回は、凧の数え方だけでなく、その歴史や種類についても詳しくご紹介します。

ぜひ、凧の魅力を再発見してみてください!

凧の数え方には、〇枚、〇張、〇個、〇連などがある

凧の数え方には、〇枚、〇張、〇個、〇連など、いろいろな表現があります。

それぞれの数え方は、その形や使用方法に応じて使い分けられます。

例えば、「〇枚」は平らな物や紙を数える時に使います。

「〇張」は、平面的なものや紙が貼られたものを数える時に使います。

また、「〇個」は、一般的に物を数える時に使う表現です。

「〇連」は、凧を空に飛ばす時に使う数え方で、風船をつなげて飛ばす時にも使われます。

「〇連」は、風に乗って連なって飛ぶ凧の数え方で、一度に複数の凧を飛ばす時に使います。

凧を数える時は、そのシチュエーションに合わせて適切な表現を使いましょう。

凧の歴史とバリエーションについてご紹介します

ここでは、凧の歴史や種類についてご紹介します。

凧揚げの起源とは?

凧あげの起源

凧の起源は中国にあり、昔は紙で作られた「トビ」と呼ばれていました。

平安時代に日本に伝わり、貴族や武士の遊びとして親しまれていました。

凧あげの語源

凧が「タコ」や「イカ」と呼ばれるようになったのは、紙の尾を垂らして空に揚がる姿が蛸やイカに似ているからです。

江戸時代には、幕府が「いかのぼり禁止令」を出したため、関東地方では「イカ」ではなく「タコ」と呼ばれるようになりました。

凧あげの意味

新年に凧揚げをする習慣には、空を見上げることが健康に良いとされる言い伝えや、男の子の誕生や成長を祝う儀式、風水の影響など、いろいろな理由があります。

いろいろな凧の種類をご紹介します!

日本各地や歴史により、多様な凧の種類が存在します。

角凧、六角凧、奴凧、べらぼう、べっか、ぶんぶん、ハタ、まったくーなど、それぞれの地域で独自の形や色、模様、名前を持っています。

伝統的な和凧は、竹の骨組みに和紙を貼って作られます。

海外の凧も、その国や地域の文化や歴史に応じて多彩な形や色、模様を持っています。

例えば、中国の凧は昆虫や鳥、竜などの動物を模しており、絹や竹で作られています。

ベトナムの凧は、笛をつけて揚げると音が出るものもあります。

アメリカやイギリスでは、三角形のゲイラカイトが有名で、プラスチックやビニールで作られています。

さらに、立体的な凧やスポーツ凧など、世界中で様々な種類の凧が楽しまれています。

凧には、空を飛ぶ動物や自然現象にちなんだ名前がつけられることが多いですが、日本のように水生動物の名前で呼ばれることは珍しいです。

  • 角凧:日本の伝統的な凧で、主に長方形や正方形の形をしています。竹や木のフレームに紙や布を張って作られます。絵柄には漢字や歌舞伎、浮世絵風のものが描かれることもあります。
  • スポーツカイト:操縦用のハンドルで自在に操作できる凧で、2本や4本の糸を使います。自分でコントロールできるため、競技大会やバレエのような技を披露することも可能です。
  • バイオデザインカイト:流体力学や航空機力学を応用して作られた凧で、弱い風でも簡単に浮かびます。左右対称ならどんな形でも作れるので、デザインの幅が広がります。
  • ゲイラカイト:三角形の凧で、プラスチックの骨組みにビニールを使っています。軽くて飛ばしやすく、初心者や子供にもぴったりです。
  • 軟体凧:タコや魚などの立体的な凧で、骨組みがなく、空気を入れるとふわふわと動きます。海の生き物の動きを模倣しており、見た目がかわいいです。
  • 連凧:複数の小さな凧をつなげて作られた凧で、存在感があり、芸術的な見た目が特徴です。祭りなどでよく見かける凧の一つです。

凧には、その形やデザイン、色彩などにさまざまな意味が込められています。

自分の好きな凧や興味を引く凧を見つけてみましょう。

凧の数え方がわからなくて困っている方へ!凧についての基本的な情報を分かりやすくご紹介!まとめ

ここまで、凧の数え方や種類についてご紹介しました。

凧の数え方まとめ

凧の数え方には、〇枚、〇張、〇個、〇連などがある

凧の種類まとめ

日本の凧には、角凧、スポーツカイト、バイオデザインカイト、ゲリラカイト、軟体凧、連凧などがある

大人になるとあまり触れる機会が減りますが、凧揚げは日本の文化を楽しむだけでなく、健康や運動にも良い遊びです。

凧あげは、風を感じながら空高く凧を飛ばす爽快感が魅力です。

風の強さや方向を読み取り、凧が舞い上がる瞬間の達成感は格別です。

また、家族や友人と一緒に楽しむことで、協力し合いながら自然と触れ合う素晴らしい時間を共有できます。

ぜひ、凧揚げを楽しんでみましょう。

https://minamilife.tokyo/ooigawatetudou-to-masu-hoteru/