本サイトはプロモーション広告を含みます

赤い桜の名前って何だろう?気になる正体を調査!

冬の気にコレ!

散歩中に赤い桜を見かけたこと、ありませんか?

「赤い桜なんて珍しいなぁ」と思ったことがあるかもしれませんね。

その時、「この赤い桜の名前は何だろう?」とも考えたことでしょう。

一体、この赤い桜の名前は何なのでしょうか?

赤い桜の名前って何だろう?気になる正体を調査!まとめ
  • 寒緋桜(かんひざくら)は赤い桜の中で最も有名で、特に沖縄県で野生化している。
  • 寒緋桜は1月から2月上旬にかけて咲き、他の桜よりも早い開花時期が特徴。
  • 沖縄ではソメイヨシノの代わりに寒緋桜が桜の開花時期を観測する際に使われる。
  • 桜と桃の花の見分け方として、桜の花びらの先端が割れていることを覚えておくと良い。
  • 寒緋桜は本州でも見られる場所が増えており、その早咲きの美しさが多くの人々に愛されている。

赤い桜の名前って何だろう?

赤い桜の名前が気になりますよね。

赤い桜の中で一番有名なのは、寒緋桜(かんひざくら)だと思います。

寒緋桜は桜の原種の一つで、花の色は白から濃い桃色まで様々な個体差がありますが、特に赤に近い濃い桃色の印象が強いです。

普通の桜は3月下旬から4月上旬にかけて咲くイメージがありますが、寒緋桜は1月から2月上旬にかけて咲くのが特徴です。

花の大きさは1.5〜2.5cm程度で、樹高は約5m。葉は卵形で互い違いに生え、葉の縁には浅い鋸歯があります。

寒緋桜は主に沖縄県で野生化していて、沖縄で「桜」と言えば寒緋桜のことを指します。沖縄は本州に比べて温暖なイメージがあるので、1月から2月にかけて咲くのも納得ですね。

ちなみに、寒緋桜は沖縄だけでなく、関東よりも南の地域でも見ることができます。

ですから、最近見た赤い桜も寒緋桜だったのかもしれませんね。

もしかすると、赤い桜の名前は桃?

赤い桜の名前が気になっているかもしれませんが、実はあなたが見たその赤い花は桜ではなく、桃の花だった可能性もあります。

桃も桜と同じバラ科の植物なので、一見して桜と勘違いするのも無理はありません。

実際に、桃の花を桜と間違えた人も少なくないんですよ。

では、桜と桃の花の見分け方についてお話ししますね。

まず、桜の花の特徴ですが、

桜の花の特徴し
  • 花びらの形:先端が割れている
  • 花柄:長い
  • 幹:横縞模様
  • 咲き方:花芽が房状

一方、桃の花の特徴は、

桃の花の特徴
  • 花びらの形:先端が尖っている
  • 花柄:短い
  • 幹:斑点模様
  • 咲き方:花芽が1節に2つ

これだけの情報でも見分けるのは難しいかもしれませんが、比較的簡単な見分け方としては、桜の花びらの先端が2つに割れていることを覚えておくことです。

この特徴を知っておけば、桃の花と区別しやすくなると思います。

なので、次に赤い花を見かけたときは、ぜひこのポイントをチェックしてみてくださいね。

沖縄では、桜の開花を観測する際にソメイヨシノの代わりにカンヒザクラ(寒緋桜)が使われている。

カンヒザクラは、中国南部や台湾に自然に育つ桜の一種です。

日本国内では、特に沖縄県で人気があります。

沖縄の気候ではソメイヨシノがうまく育たないため、カンヒザクラが桜の開花時期を観測する際に使われています。

カンヒザクラの開花時期

エドヒガンという桜も有名ですが、これはヒガンザクラとも呼ばれ、名前が似ているだけでカンヒザクラとは別の種類です。

カンヒザクラは開花が早いのが特徴で、東京では3月中旬頃から咲き始めますが、沖縄の暖かい気候では1月中旬から下旬にかけて開花します。

見ごろは毎年1月下旬から2月中旬にかけてです。

カンヒザクラの名所

沖縄県内には、カンヒザクラの名所がいくつかあります。

例えば、世界遺産に登録されている今帰仁城跡や、八重瀬公園が有名です。

また、沖縄だけでなく、本州でもカンヒザクラを楽しむことができます。

東京都の向島百花園や神奈川県の県立三ツ池公園など、首都圏でもこの美しい桜を見ることができます。

カンヒザクラの魅力は、その鮮やかなピンク色の花びらと、早い開花時期にあります。

寒さが厳しい冬の終わりに、一足早く春の訪れを感じさせてくれるこの桜は、多くの人々に愛されています。

沖縄の観光名所を訪れる際には、ぜひカンヒザクラの美しさを堪能してみてください。

本州でも見られる場所が増えてきているので、機会があればぜひ足を運んでみてくださいね。

桜の季節になると、多くの人が花見を楽しみにしていますが、カンヒザクラはその桜の中でも特に早く咲くため、他の桜よりも一足早く花見を楽しむことができます。

沖縄の温暖な気候と相まって、カンヒザクラの花見は特別な体験となるでしょう。

首都圏に住んでいる方も、向島百花園や三ツ池公園でその美しさを楽しむことができるので、ぜひ訪れてみてください。

カンヒザクラの存在は、桜の多様性を感じさせてくれます。

異なる地域で異なる桜を楽しむことができるのは、日本の桜文化の豊かさを物語っています。

カンヒザクラの早咲きの美しさを楽しみながら、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

赤い桜の名前って何だろう?気になる正体を調査!まとめ

ここまで、赤い桜の正体についてご紹介しました。

赤い桜の名前って何だろう?気になる正体を調査!まとめ
  • 寒緋桜(かんひざくら)は赤い桜の中で最も有名で、特に沖縄県で野生化している。
  • 寒緋桜は1月から2月上旬にかけて咲き、他の桜よりも早い開花時期が特徴。
  • 沖縄ではソメイヨシノの代わりに寒緋桜が桜の開花時期を観測する際に使われる。
  • 桜と桃の花の見分け方として、桜の花びらの先端が割れていることを覚えておくと良い。
  • 寒緋桜は本州でも見られる場所が増えており、その早咲きの美しさが多くの人々に愛されている。

一番有名な赤い桜は寒緋桜かもしれませんが、もしかするとあなたが見たのは桜ではなく桃の花かもしれません。

間違えないように、見分け方をしっかり覚えておいてくださいね。

https://minamilife.tokyo/ooigawatetudou-to-masu-hoteru/